So-net無料ブログ作成

ハーレーで行く大山ダメダメキャンプ(笑) [Harley-davidsonXL883R]

2019年8月10日(土)、GWに引き続き9連休の長ーいお盆休みがスタートしました。
お墓参りはまだですが、お休みの開始と同時に大山キャンプにスタートです。

いつもは下道メインの節約ルートですが、今回はキャンプ場の方から「お盆休み中は来た人が優先で飛び入りで宿泊する人もあり」ということで高額ルートで向かいますが、この先の渋滞表示が。




京都南ICからスムーズに走れたのもつかの間、天王山の東ルートから大山崎JCTは渋滞。右ルートを走っててよかった。

高槻JCTからは渋滞覚悟で新名神です。

快適に走れたのはわずかで

茨木を過ぎたあたりから渋滞。ついにトンネルでストップ、この先どこまで続くのやら、熱気で息が苦しいです(笑)

やっと開放されて新名神から神戸JCTからは中国道です。

山陽道は混雑してた様子ですが、中国道は快適、杉坂トンネルを出たら岡山県美作に入りました。

最近はすっかりご無沙汰の岡山県、勝央SAで給油と軽い食事。テーブル席においてあった付近の案内図。スタッフの手作りと思われますが、読んでいるだけですごく楽しかったです。

ふむふむまかない飯グランプリね。



従者の頼んだカツ丼もおいしかったし、

200円の豚汁もお野菜たっぷりでむっちゃおいしい。

ここはまた止まることにしよう!

早く出てきてよかった。京阪神はすでにあちこちで渋滞^^;

落合JCTからは米子道。

景色もいいし交通量が少なくて気持ちいい。

でも流石にちょっと暑くなってきて涼しいトンネルの中をぼーっと走っていたら後方からピカピカと赤色灯が!!と、同時にB-COM+でつながっている従者から危ない!!!って^^;慌てて左車線に入ってセーフでしたが心臓が止まりそうでした(笑)

蒜山高原SAでちょっとクールダウン。

ジャージーソフトはおいしいけど、高い!!

もうちょっと待っててね~と大山に声をかけてリスタート

てっぺんは雲で隠れてますけど

溝口ICでで降りて

高速料金は震える3,720円

ここから先は目前にせまる大山を目指して一直線。

BIKE-JINにも紹介されていますが、大山環状道路最高です!

途中からは

両側に広がる

ちょっと途中でトラブルがありましたが、何とかキャンプ場に到着。

去年までの管理等は壊されていて仮設の建物が、いくら標高が高くてもこの既設は暑そうです^^;

ゴミの出し方は画像を撮っておきましょう。受付を済ませたら、

荷物をおろしてハーレーは二輪の駐輪場へ。

下山野営場は車の乗り入れができないため、荷物は自力で運ぶことになります。


世の中どんどん便利で豪華な方向へ、手ぶらで楽しめるキャンプや電源付きのオートキャンプ場もいいけど、私はこういうキャンプ場も残して欲しいなと思います。


サイトをいくつか見せていただいて、今日は幼稚園の団体さんが来られるというのでなるべく離れた場所にしました。

生きた猫は苦手ですが、荷物を運ぶ猫車は大好き(笑)

標高760mとあって、外界の暑さが嘘のようです。

今日は二人用のテント、Sierra Designのもの。従者が10年以上前に購入していたものですが
2019081077.jpg
bさんも一人でちゃっちゃと張れるようになりました。筋トレのおかげでムキムキ(笑)

雨の降らない予報ですが、

ゲリラに備えて屋根代わりにタープも貼っておきます(タープのない方が涼しいけど)。

住居班が完成したので食事班の薪割り(笑)へっぴり腰です(笑)

食材の買い出しのために買い出しにでかけます。

ちょっと水蒸気が多いですが、弓ヶ浜から対岸は島根県の美保関。bさんの日帰り圏内西の端っこです(笑)

振り返れば大山

マレーシアの最高峰のキナバル山にちょっと似てたりします。

寄らなくていいのに、こんなところにモンベルショップ(笑)

お買い得なテントなどありましたが、見なかったことに(笑)

そしてやってきたのが大山参道市場、

入り口の看板からしてやばい^^;

大山Gビールちょっとだけね

これからキャンプ飯を作ろうって人がソーセージなんか頼んじゃって(笑)

日頃はビールなんて飲まないのに、この大山Gビール何ですか?美味しすぎるんですけど(笑)
あーあ、こんなに飲んじゃって。

はぁ~もうすっかりほろ酔い気分でダメダメキャンプです(笑)


ほろ酔い気分でキャンプ場に戻ります。

大抵のみなさんの予想では「bさんはキャンプ飯を作らない」に一票だったようですが(笑)せっかく薪も買ったことだし。

でもせっかく大山ハムのフランクとベーコンがあるので食事の支度を始めます。

ベーコンはフライパンでこんがりと焼き色をつけておきます。

 
材料もあるので作りますよ~スライスした雲仙島原のじゃがいもと人参、タマネギを煮て


炒めておいたベーコンを加えて
ソラチのスープカレーを投入します。

フライパンに残っていたベーコンの油でタマネギとじゃがいもを炒めて、大山ハムのフランクも加えてジャーマンポテトが出来上がり。

ご飯はマレーシアの米、パックに入れて茹でるだけでご飯が炊きあがるというスグレモノ。クアラルンプールの空港にも売っているのでトランジットの時には必ず買うようにしています。


スープカレーが完成。



スープカレーには日本のご飯よりやっぱり長目のパラパラのご飯があうよね。

さすがに高価な大山Gビールはこれ以上飲めないのでプレミアうモルツです(笑)


ほろ酔い気分で危うくダメダメキャンプになるところでしたが、早めの夕食が完成しました。


緑に囲まれたキャンプ場での食事は何を食べても最高です。


食事の後は温泉へ向かいますが、明日の大山登山に備えて一石確保しておきます(笑)


今日は大山寺で和傘のイベントがあるようです。




ちょうど温泉から出るタイミングでチケットを購入しておきます。


チケットの金額は1000円とちょっと勇気がいりますが、屋台で使える400円のチケットが含まれています。


豪円湯院まではキャンプ場から歩いて10分ほどです。

HPによると地下1200mよりくみ上げた源泉は、


-320mVの酸化還元水。その数値は日本最大級といわれ、疲労回復や治療にも注目が集まるという泉質が魅力的です。


四季の庭や大山の風景を楽しめる露天風呂は時間的に人が少なくて貸切状態でラッキーでした。
かがり火を灯し、洞窟の雰囲気を醸す内湯「神の湯」はとても厳かな雰囲気だったので写真を撮るのがためらわれました。390円という値段の割に泉質もよくてお気に入りの温泉です。


温泉の二階でしばしまったり。


刻々と変わるマジックアワーの夕暮れを楽しめました。


さて温泉の後はいよいよ和傘のイベントです。2018年に開山1300年を迎えた大山ですが、


8月10日から15日までの間、大山寺で「大献灯」というイベントが開催されていました。


HPによると大山寺参道が献灯の明かりに照らされ、幻想的な雰囲気に包まれます。 和傘灯りを使った献灯展示は必見!とあります。


参道は途中からデコボコ道。サンダルはちょっとNGです。


鳥取県西部の伝統工芸品の和傘が並べられられた幻想的な参道を進みます。


今年は何と和傘の回廊もありました。


両側に並ぶライトアップされたが華やかです。


本堂の前の和傘の饗宴


ライトアップされたところではなかなか記念撮影が難しいのですが、


最後のところで自分のスマホで記念撮影してもらえました。これはなかなか嬉しいサービスで大賑わいでした。


私達も一枚撮っていただきました。温泉の後だったし、暗がりで顔なんか見えないやとノーメイクで残念(笑)


さて、和傘のイベントの後は屋台へ直行。


やっぱりいっちゃう(笑)ヴァイツェンをおすすめされました。


ほんとにフルーティーな香りで飲みやすいです。大山地鶏のからあげと一緒に止まらないです。
この日は最後までダメダメキャンプ(笑)

大山キャンプ一日目が終了(笑)二日目に続きます。

emojiF_08_054.gifSunshine and Happiness8992677.gif9608494.png


nice!(56) 
共通テーマ:バイク

nice! 56




ジオターゲティング