So-net無料ブログ作成

台北駅から30分で行ける北投温泉へ [台湾 2019年GW]

2019年5月1日(水・祝)です。27日の朝イチでスタートした晴天続きのGW台湾旅行でしたが、晴れオンナパワーもここまで(笑)

帰国するの最終日は雨になりました。当初予定していた最北端はまたの機会に。
今日はいよいよ新年号の「令和」がスタートします。平成の最後は皇室ゆかりの「四重渓温泉」に行きましたが、「令和」のスタートも皇室ゆかりの「北投温泉」に行くことにしました。位置的には台北の郊外になります。
「北投温泉」まではMRTで30分という近さなので、台湾旅行の飛行機の待ち時間に行くにはピッタリの場所なのです。



スタートは台北駅から。

空港へ行く前に台北駅へ戻ってくるので大きな荷物をコインロッカーに預けておきます。

ここでも悠遊カード(台湾のSUICAみたいなもの)が使えるので小銭は不要。

台湾旅行には必須ですね。

駅のコンビニで悠遊カードに電車代をチャージしておきます。
ピットタッチするだけで、小銭できっぷを買う必要がないのは便利。そのうちAppleWatchが使えるようになるといいな。
乗った時は地下を走行していましたが、

やがて地上に。
北投駅に到着しました。
新北投駅へ行く支線がこの先もあるようなので乗ってみます。



まるで温泉の街、別府のようです(笑)
くまモン?(笑)
新北投駅に到着。

途中でサンドイッチを食べようと思ってたけど、あまりに早く着いたので食べる機会を失った(笑)駅中のベンチで食べることに。
新北投の駅前です。

前に北投公園という大きな公園があり、

公園を挟むように左右に道がありました。



公園への道はけっこうなアップダウンが(笑)
公園の池は睡蓮がきれいに咲いていました。

かすかな硫黄臭がして、温泉の流れ込む池は白濁しています。

去年、和倉温泉の加賀屋さんに行きましたが、ここにも!

途中にある温泉博物館にも行きたかったけど、まずは温泉(笑)
2019050156.jpg
本日の目的地、北投温泉の「瀧乃湯浴室」
日本統治時代に建てられた、台湾に現存する温泉の中でも最古の部類で歴史はなんと100年以上! 建屋は大正12年(1923年)の昭和天皇(当時は皇太子)の北投温泉巡行に併せて作れたという皇室ゆかりの温泉なのです。水着着用の台湾では珍しい裸湯なんです。
が、ええっ~定休日(笑)まぁ北投温泉なら台北から近いのでまたすぐにリベンジしますよ。
北投温泉には他にもたくさんの温泉があるので行ってみます。
まずは「千禧湯」。1999年から開放されたエリアでミレミアムにちなんでつけられた名前とのこと。

敷地は約1000平方メートルで石や木材を主体とした日本風の設計とあります。
入浴料は40TWD(160円)と安いのですが、

水着が必要で、しかも水着の種類も細かく指定されています。
ここは水着着用ですが、レンタルはないので買うことに(笑)どれも見ただけで私のサイズには・・・
やっとぴったりのがあったと思ったら・・・お子ちゃまようでした。道理で柄が可愛すぎる^^;
チケットを購入して、ここは時間による入れ替えということで10時半まで待つことに。

私が日本人だとわかると温泉のスタッフの人が「エンペラーチェンジ!」って令和天皇の映ったはるテレビを指さして見ろ見ろ!って。NHKの衛星放送は親日のみなさんで人だかりでした。

中での写真は禁止されています。外から見ると水着を着てる人がウロウロ(笑)
温泉は3段になっていて一番上は罰ゲームかと思うような熱湯(笑)二段目も無理ーということで大人しく一番下の温泉。

ドライヤーは有料。
脱水機は無料で使えました。
ここで注意すべきは、湯船の中でウデとかカラダをさすらないこと。従者はやっちまいおっちゃんに睨まれてました(笑)
温泉自体は悪くないですが、水着着用ってことでイマイチ落ち着かない・・・しかも先日行った四重渓温泉のようなウエルカム感もゼロ・・・ということで退散。
新北投駅から北投駅方面へ歩いていきます。
温泉に入ってお腹が空いたので早々とランチにしますが、最初に予定していたラーメン屋さんは評価が「激マズ」^^;これでは行く気になりませんよね(笑)
次に目指したお店は、

店員の態度が悪いらしいけど味が美味しければOK
英語のメニューあり。

お店の奥で包んだはるだけあって、

水餃子がむっちゃおいしかったです。店員さんの態度も問題なしでした(笑)
お腹もいっぱいになったところでまたまた次の温泉へ。

二軒目の温泉、北投青礦名湯。

ここは日式(水着のいらない)温泉です。
大人は120TWD(480円)なので台湾にしては高く感じます。

ここは別府の公衆浴場そっくりで、着替えるところが浴槽のすぐ横(笑)ただ、別府とは違ってウェルカム感はなしでしたが温泉はさっきのよりよかったかな。
どちらも四重渓温泉とは比べ物にはならないけど、台北の町中からちょっと足を伸ばして行くにはいい温泉だと思います。
やんでた雨が降ってきました。町中にあるカフェがおしゃれ。

アイスコーヒーを調達。
北投駅に着く頃には雨がやみました。
駅前にはU BIke(レンタサイクル)があるから、

次回はここから瀧乃湯かな(笑)
行きと同じように帰りもMRTで
台北駅に着いたので


駅ナカでお土産のミッションです。
友人たちから人気のSUGER SPICEの台湾ヌガーの牛乳糖。日本で買おうと思ったら送料がむっちゃ高い。しかも賞味期限が一ヶ月と短いので多量に買うことができない。友人の中で誰かが行くときはいっぱい買ってきてシェアするようにしています。
三越で買った時には何もくれなかったけど、ここは試食をいっぱいくれはりました。
いっぱいお買い物をしたので免税手続き。
駅ナカでスイーツを物色。

日本の統治時代から入ってきたものには「日式」ってかいたはる。
3割引になってたプリント、エッグタルト(笑)

駅ナカのスーパーで見つけたマンゴー

なんと食べごろのゴールデンマンゴーが半額(笑)これは素通りできひんやろ~ってことでナイフまでお買い上げ。
台北駅のコインロッカーで預けていた荷物を引き取って
MRTで空港へ移動します。





エッグタルトを食べようと思ってたのに、飲食禁止(笑)

前回もお役立ちだったけど、シートのQRコードが便利。
QRコードを読み込むと
帰国に向けての情報が表示されます。もちろんチェックイン後のボーディングパスでゲートは要再確認だけど、空港に到着後に重い荷物を持ってウロウロしなくてもいいから便利してます。
空港に着いたらまずはチェックイン。
おっと、荷物を預ける前にエッグタルトとマンゴー(笑)
まさか空港内でマンゴーを解体するとは思わなかったなぁ(笑)
ペロッと1個食べちゃいました。あとエッグタルトもね。解体に使ったナイフは預ける荷物に
今回は一番安い航空券だったので7kg以内に収めるのにかなり苦労しました(笑)
某オレンジのHマークの免税店では出会いなし(笑)
今回は諸事情によりAirAsiaではなくPEACH便を利用でした。

関空は第二ターミナルで移動が大変だから二度と使いたくない!なんて思ってたんですが、
少しお話した山好きなアテンダントさんが可愛くて。おまけにこんなメッセージカードをいただきましたよ(限定のステッカーの裏にはびっしりとコメントが書いてあったけど内緒ね)。またお会いできるといいなぁ(笑)
関空についてタクシーを待っている間にファミマでお買い物したら・・・Paypayでお支払いした分が全額キャッシュバックですよ。これで二回目かな(笑)

今回はGWということでちょっと高めの航空券でしたが・・・当初は曇り/雨だった当地の予報がピーカンのお天気におなり、念願の台湾最南端へチャリで行くことができました。

4/26(金)の深夜便からスタートした、丸5日間のGW台湾旅行はミッションをすべてクリアしてこれにて完結。
中国語はさっぱりだけど、b's EnglishとGoogle翻訳で何とかなる台湾旅行(笑)次はいつ行けるかな(笑)
emojiF_08_054.gifSunshine and Happiness8992677.gif

nice!(50) 
共通テーマ:バイク

nice! 50




ジオターゲティング