So-net無料ブログ作成

ハーレーで行くステーキ丼と平湯キャンプ [Harley-davidsonXL883R]

 

20170923146.jpg

2017年9月23日(土・祝)です。前週の三連休は台風が日本列島横断で散々でしたね。今週こそは秋晴れの週末を過ごせそうです。金曜日の午後からの雨ポツ状態も土曜日の朝には止み・・・

 

オヤオヤご一緒する関東・東北チームはまだザンザン降ってるみたいです^^;とりあえずはキャンプは決行ということで目的地に向かって出発します。



 

 

連休ですから、9時前になると宝塚の渋滞も15km。京都東インターから東方面も大津まで渋滞でした(高速なのに道幅狭いし、トンネル出たところがサービスエリアですからね^^;)

 

富士山(笑)

 

いえ、通称近江富士、三上山です。山ガールの時はよく登りましょたよ。

 

関が原のトンネルを抜けると岐阜県。交通安全週間が始まり2日目ということで関ヶ原ICまでの区間はむっちゃ緊張して走りましたよ。

 

名神から東海環状経由で東海北陸道へ。郡上市に入ったら、ぐっと景色がそれっぽくなったり気温も下がってきました。

 

高速道路は2500円チャリーン、ここまで家から200km、高速の千円時代から半額k時代はしょっちゅう来れてたんですた、日帰りだと高速だけで5千円ですからね。

 

まぁ2時間で来れるんですから価値ある2500円ということで(^^)

 

お久しぶりのせせらぎ街道です。

 

 

郡上から明宝あたりまでは交通量も多いのですが、だんだん車も少なくなり快走ルート。

 

道の駅パスカル清見、こまで220km一気に走ってきたので、そろそろ休憩。

一気に涼しくなってきたのでダウンのベストを着とこっと。

 

まだお昼にはちょっと早いけど、空いているうちにランチタイム。

 

ライダー丼と迷ったけど、

ここは飛騨牛でしょ(笑)

 

売店でお買い物。道の駅は魅力的だけどやっぱり高いなぁ^^;

 

道の駅のバックグラウンドが心地よく、かなりまったり。

 

ジドラーして出発です。

 

 

 

秋田から青森へ抜ける奥入瀬渓谷の景色と似てるな。

 



でもせせらぎ街道(笑)

 

ニシウレ峠。

 

快適さについついスピードアップになりそうなところ、油断は禁物。高山手前では何度も白馬に乗った王子様を見かけてるし、今日もスレ違いましたよ(笑)

 

最近のbarbie号、270km越えてもリザーブに入りません(笑)
先日の鳥取ツーリングの時は290km越えてもリザーブに入る様子がないので、実はもうリザーブに入っていていきなり止まるんじゃないかとドキドキでした(笑)
結局、高山市内で給油したのは284.3km、10.37リットルはいったので燃費は27.4km/リットル。リザーブタンクが2リットルなので、計算上は一回の給油で走れる航続距離は340kmってことになりますね。
883CCという排気量ですが、燃費もいいし、故障もしないし最高のバイクやわ(笑)


大入り満員の国八食堂を横目で見ながら、目的地の平湯キャンプ場まであと30km。

 

丹生川のAコープでお買い物。やっぱり地元のスーパーがいいね。

 

飛騨牛もゲットしました。

色々買いたいけど、今日は従者がいないし、barbie号に積みすぎるとコケるよ(笑)

 

いつかはチャリで走ってみたい、高山から乗鞍への道。GUSOKUにリクエストしておこう。

 

平湯トンネルを越えたら、

一気に視界がひらけて平湯温泉が見えてきました。

キャンプ場。

 

おぉ~見覚えのあるバイクが!

 

お久しぶりのtakuyaさんでした(ここまで400km)

?

?

そして少し待っていたらemusetuさんが登場(ここまで600km)。

お二人は雨の中お疲れ様でした。

 

福井からの山Pさんは少し遅れるということでまずは3人でキャンプ開始です。

温泉のチケットも忘れずにね(笑)

 

平湯キャンプ場、最高なんですが、ここが最悪(笑)

 

アスファルトから右に細い傾斜の道が二輪用の出入り口ってありえない(笑)

 

(これがイヤで、ソロの時は上のキャンプ場へ。パーキングへ留めて荷物はネコで運ぶことになりますが、コケるよりマシよ)

 

ネコの似合うbさまですから(^^)

砂利がボコボコ、木の根っことが出てるところを低速で越えようと思ったらグラッと来まし(笑)。

キャンプ用の荷物でただでさえ重心が高いところへぐらりときたらアウトです^^;

恐る恐る・・・ええ~この坂を下りますか~

(下るって事は翌朝、まだカラダもタイヤも温まっていない状態で上るってことですよね^^;)

 

23万キロ走ってても取り回しは初心者[雨]のままです(笑)

とりあえず勢いついて草むらに突っ込んでみました。翌朝は何とかなるやろ・・・

 

20170923146.jpg

さて、テントの設営は任せて~人生後半になってからこんなにキャンプにハマるとは思ってなかった(笑)

実はテントとタープが両方ともSnow Peak製で似たような袋に入っているため取り違え事件が発生。
aj33.jpg
テント無しでタープで寝たという過去記事はこちら(笑)

 

荷物はテント、シュラフ、エアーマット・・・

積載量がないとイイつつ、お気にのHelinoxのチェアはかならず持参(笑)

食事版の従者がいないけど、とりあえずう山ガール時代から愛用してるイワタニ・プリムスのストーブとガス、鍋一組、チタンのシェラカップ、割り箸、

 

今回はemusetsuさんが、仙台のWild-1限定のシェラカップをくれはりました。


特に七夕柄がむっちゃ可愛いです。

飛騨牛の保冷剤代わりに買ってきた冷凍の枝豆を盛って、早速使わせていただきました。

ありがとうございました。

 

飛騨の赤かぶ漬け、枝豆(飛騨牛の保冷剤代わり)、明宝ハム

郡上には明方ハム、明宝ハムがあるよ。ハム戦争の話が2014年の日経に掲載されていました。

 

おつまみが出来上がったところで福井から山Pさんが登場。

今日はローキンシェフは釣り人なので欠席です。釣った魚を持ってきてくれればいいのに(笑)

 

山Pさんが持ってきてくれはった越のルビーのトマトが甘くてむっちゃおいしいです。

 

日が陰ると冷えてきました。調理の下準備ができたところで平湯の森の温泉にいきましょう。

ここ、源泉かけ流しでむっちゃいいお湯なんです。しかもキャンプ場利用者は400円という。

温泉から戻ってきたらいよいよ食事です。

emusetsuさんが温めてくれはった玉コンと

コモ豆腐、暖かいお料理がおいしい季節になりました。

ファイヤー[どんっ(衝撃)]

豚串、

飛騨牛の牛串。

炭火焼きのいい香り。山Pさんが手際よく焼いてくれはります。最初は岩塩パラパラ、後半は買ってきた飛騨のお味噌をヌリヌリしたらむっちゃおいしかったです。

鶏ちゃん、このあたりでお腹いっぱいになってしまいました。

 

 

「人生は焚き火だ」

お待ちかねの焚き火タイムはtakuyaさん担当。

 

別腹デザートタイム。emusetsuさんが買ってきてくれはったアップルチーズケーキ

 

 

ポップコーンのバター醤油味もむっちゃおいしかったです。

 

 

焚き火と

LEDのキューブが深まる秋のキャンプをロマンチック?なものにしてくれました(笑)

 

 

日が変わる頃には薪がなくなり、炎がなくなると一気に冷え込んできたのでお開きに。


本日の走行距離は322.8kmでした。
takuyaさんのブログ→
http://r1200gs2.blog.so-net.ne.jp/2017-09-26

翌日に続く

nice!(51) 
共通テーマ:バイク

nice! 51




ジオターゲティング