So-net無料ブログ作成
検索選択

祇園祭 前祭〜2016 [京都]

2016071501.jpg
去年から祇園祭が『前祭(さきまつり)』と『後の祭り』の2回になりました。
それぞれの山鉾が違うので2回お出かけすることになります(笑)

7月になると京都市内の鉾町では鉾建が始まります。

こちらは市内のメインストリート四条通り、7月10日に長刀鉾の鉾建です。

7月14日、お囃子の音につられて宵宵宵山に行ってきました。 

船鉾ではお囃子の真っ最中。

動く美術館と言われるだけあって見事です。

こちらは岩戸山のもので、後ろにかけられるそうです。

いつもはチャリでちゃっちゃと行くのですが・・・浴衣を来て祇園祭なんて何年ぶりかな
(浴衣は去年、黒主山で授けていただいた桜の柄です)

保昌山は縁結びのご利益があるのですが、今年もいい御縁にいっぱい恵まれますように
縁って男とか女だけじゃなくて、仕事とかお洋服とか、すべてご縁ですから(笑)

わが家のお玄関(笑)保昌山、そして後祭の黒主山のチマキ、大文字の消し炭が護ってくれたはります(^^

7月の京都といえば、祇園祭の他にも

鱧(ハモ)をいただきます。鱧の落としとか天ぷらとか、写真は鱧の押し寿司です。

町の風物詩は「野菜どうどす〜」って賀茂のおばちゃんが売りにきはるお野菜



トマトも赤くなった朝採れトマトなのでむっちゃ甘くておいしい。

大原の名産の赤しそ。しば漬けの素です。GUSOKUが小さいころは赤しそジュースとか作ってました。

賀茂のおばちゃんのおナスでぬか漬けを作ってみました。うーん、我ながらむっちゃいい色にできました。
食欲減退の夏場も甘酒、味噌、ぬか漬け、ヨーグルトの発酵食で乗り切ります(^^


備忘録として読んだ本。今年80歳の野際陽子さんですが、キーハンターの頃からのファン。小学生の時はキーハンターごっこにハマってました(笑)その野際さんが50代の時に書かはった本なので同年代としては、ソレソレと共感する部分があってあっという間に読めました。

塩野七生さんのローマ人の物語は友人からおすすめいただきましたが、私には難しかった(笑)
だって、似たような外国人の名前が出てきて〜会ったこともないのに〜
文庫は全43巻なんですが一巻目で挫折しました(笑)全巻買おうと意気込んでましたが、Book Review読んでとどまってよかった(笑)

ローマ人・・・は無かったことに(笑)ということでおすすめいただいたので図書館から借りてきました。

4月のチャリやバイクの記事も下書きに入ったまま^^;
相変わらずバタバタの毎日ですが、
ヒマを見つけてアップするようにします(笑)emojiF_08_054.gifSunshine and Happiness8992677.gif



nice!(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 52

トラックバック 0




ジオターゲティング