So-net無料ブログ作成
検索選択

イチジクのケーキと子供の時の思い出 [Barbie's Kitchen]

it09.jpg

ちょっと涼しくなったので久々のbarbie's Kitchenです。

最近忙しくて連日の残業続き、帰りに寄ったスーパーで半額のイチジクを発見。

フルーツ星人☆にとって夏は最高の季節。今は今年最後の桃を楽しんでます。でも京都市内で買える加納岩の桃って高いんです。

大好きなフルーツ三昧[ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)]していると我が家のエンゲル係数[ふくろ]はたちまちウナギ登り[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]^^;
こんな事ではイケナイ。次回の弾丸フェリーツーリングに備えて節約、節約(笑)



it01.jpg

先日、運良く加納岩の桃が半額でゲット出来たのに味をしめてスーパーに行ったところ、イチジクが半額になってました(笑)

実はある一件で生のイチジクは好きじゃないんです。でも580円が290円となれば買ってしまうのが主婦の悲しい性(笑)
it10.jpg
京都府城陽の木村さんのつくらはった朝採れイチジクです。
イチジクにはビタミン類、カルシウム、鉄、灰などのミネラルが多いのが特徴です。
肉食の消化を助ける酵素が含まれており、コレステロールの解消にも役立つアルカリ食品です。

肉星人☆ にとって、イチジクはマストアイテムですね(笑)

買ってしまったものの、やっぱり生では食べる気がしないって事でケーキを焼くことにしました。ドライイチジクでパウンドケーキを焼いたことはありますが、生のイチジクを使うのは初めてです。
it02.jpg
材料は無塩バター200グラム
砂糖180グラム+グラニュー糖 大さじ2杯
卵 4個
ラム酒 大さじ2杯
薄力粉 200グラム→ふるっておく
イチジク 6個 半分はケーキのトッピング用、残りは1センチのダイスに切っておく
it03.jpg
少し涼しくなったとはいえ、作業してるとどんどんバターが溶けるので、ボウルを氷水を張ったバットに浸しながら混ぜていきます。ステンレスのバットはkeiさんがくれはったもの。大型なのでむっちゃ重宝しています。
it04.jpg
粉類を投入した後ざっくりと混ぜて
it05.jpg
ダイスに切っておいたイチジクも加えます。
it06.jpg
トッピング用のイチジクはレシピに従ってパウンド型の下に敷いたのですが
it07.jpg
パウンド型2本にてんこ盛りにしてもまだ材料があまったので、
it08.jpg
紙箱を利用した型にも入れてみました。

180℃に予熱しておいたオーブンで焼くこと40分。
it09.jpg
いい感じに膨らみました。

トッピング用のイチジクはやっぱり下に敷くより、上に飾ったほうが水分が抜けて美味しく出来てました。

私とスイーツの出会いは、実家の隣に住んだはったアメリカ人の宣教師さんがきっかけでした。
当時の日本はまだ貧乏で京都市内にセンスのよいスイーツのお店があるわけでなく、当然実家にもオーブンはありませんでした。
家で母が作ってくれるハイカラなお菓子といえばパンケーキかフレンチトーストぐらい。

隣家の宣教師さんの家は広大な芝生の中にポツンと建つ平屋建て。家の中はもちろんアメリカ仕様。床暖房、そして私の部屋ぐらいの大きさのバスルームには大きなバスタブと洋式のお手洗い。遊びに行ってお借りする時も何だか落ち着かない気分で用を足したのを子供心に覚えてます。ちょうど5歳ほど年上のBeckyちゃんによく遊んでもらい、持ったはったBarbie人形が憧れでした。

外で遊んでいると時折バターの芳しい香りが。そして、その後にはメイドさんがおすそ分けのケーキやクッキーを持ってきてくれはるのでした。

ケーキを焼くときのバターの香り、今でも家でお菓子作りをする時はBeckyちゃんところからもらったバターケーキや、台所にかけてあったギンガムチェックのカーテンが懐かしく思い出されます。

その後、しばらくはアメリカンなバターケーキと縁がなかったのですが、家庭科の授業でシスターから習ったパイナップルアップサイドダウンケーキ。レシピが英語で書いてあったので解読に四苦八苦ではありましたが、Beckyちゃんとこで食べたケーキを彷彿とさせる味で、またまたスイーツ魂に火がついてしまったのであります(笑)このレシピは大事にしてたので、実家を探せば絶対にあるはず(笑)

そして生のイチジクが苦手なわけは・・・実家のお向かいはお化け屋敷のような大きなお家でした。裏庭に植えられたイチジクの木になった実は外で遊ぶ子どもたちの格好のおやつでした。ある日の事でした。いつものようにイチジクに手を伸ばそうとしたら、むっちゃ大きなでんでん虫と目があってしまった。しかも葉っぱの上はネロネロの筋が(たぶんナメクジもいたに違いない)。ひぇ~その時の恐怖が未だに忘れられず、イチジク=巨大なネロネロのでんでん虫という図式がトラウマになっていて食べられないというわけです(笑)


nice!(32)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 32

コメント 15

水郷楽人

イチジクが店頭に出始めましたね。蟹江町も白イチジクの産地で、先日、今年初めていただきました。
by 水郷楽人 (2013-08-30 16:21) 

りんご

barbieさんの手にかかると、なんでも美味しいものに変身しちゃいますね〜♪
by りんご (2013-08-30 18:28) 

るぐっちぃ

なるほど!
イチジク=巨大なネロネロでんでん虫でしたか(^^;;
それにしても、美味しそうなケーキですね〜ヽ(*^∇^*)ノ 
by るぐっちぃ (2013-08-30 18:37) 

1km-diver

barbieさん、コッチで期間限定オープンキッチン開きませんか?
ウチの庭はコンクリで整地してありますから、車も寄せやすいですし、愛車のサイドスタンドがめり込むことがありません。
ちゅーぼうの通学路なので、子供向けのマーケットも期待できます。
文化遺産登録直後がチャンスです。
6:4の取り分でいかがでしょう・・・・・・・

by 1km-diver (2013-08-30 19:36) 

albireo

そういう事でしたか。
子供の頃の記憶というものは、後々まで尾を引くものすね。
でも、その>葉っぱの上はネロネロの筋 も、多分>むっちゃ大きなでんでん虫 の、足跡だと思いますよ。
ナメクジは、殻の退化したでんでん虫ですからね・・・

それにしても、イチジクでケーキが出来るとは思いませんでした。流石ですね~ (^^)v
by albireo (2013-08-30 19:46) 

yakko

こんばんは。
イチジクのケーキですか〜(@_@;) 試食してみたいです σ(^◇^;)
by yakko (2013-08-30 20:58) 

たくや

トラウマですね~
カタツムリは大丈夫?
by たくや (2013-08-30 21:35) 

taka4

上手く焼けましたね!無花果の栄養価も効能凄いのにみてくれと、中味のグロテスクさにやはり引きますね。良い想い出話が聞けました(^-^)v
by taka4 (2013-08-30 22:19) 

Silvermac

桃は友人が送ってくれましたが、スーパーで見ると高いですね。
イチジクケーキ、食べてみたいですね。
by Silvermac (2013-08-31 05:46) 

さる1号

イチジク、子供の頃は木に登ってもぎ取ったのがおやつ代わりでした
なので・・・いまだにお金出して買う気になれません^^;
売っているのを見ると値段の高さに驚きます
まぁ、元々のイメージがゼロ円なので・・・^^;
by さる1号 (2013-08-31 06:19) 

harukichi

幼い時の思いでってのは結構引きずっちゃいますよね。
それにしても、メッチャ美味しそうです(≧∇≦)
by harukichi (2013-08-31 09:38) 

テリー

いちじく=巨大ネロネロのでんでん虫では、食べられませんね。
でも、いちじくは、おいしいと思いますよ。そろそろ、トラウマから脱出しては、いかが。
by テリー (2013-08-31 10:50) 

ローキン

美味そう~(^0^)/
私も先週、母親が友達からもらったイチジク食べましたよ~
旬のものはいいですね。
by ローキン (2013-08-31 20:15) 

うえいぱうわ

ああ、なるほど。
そういうトラウマって大人になっても残っちゃうもんですからね。
これは仕方が無いかも。
そういえば、イチジクってここ数年食べてないかなあ。
by うえいぱうわ (2013-08-31 21:06) 

barbie

☆ いっぷくさん、niceありがとうございます。

☆ knackeさん、niceありがとうございます。

☆ お茶屋さん、niceありがとうございます。

☆ takoshiさん、niceありがとうございます。

☆ 水郷楽人さん、蟹江町の白イチジクおいしそうですね。一度食べてみたいです。

☆ りんごさん、今回のケーキはうまく作れました。ジャムもいいかもしれませんね。

☆ るぐっちぃさん、ケーキは毎日ちょっとずつ楽しんでいます。あのでんでんむしには二度と会いたくないです(笑)

☆ としんさん、niceありがとうございます。

☆ 1km-diverさん、オープンキッチンいいですね。お手製のバッグとかも並べて(笑)夢は広がりますが、私は材料費考えずに作るのでとても採算があうとは思えません(笑)

☆ albireoさん、忘れっぽい性格なのですが、これだけは忘れられません(笑)でんでん虫の足跡もやっぱりネロネロなのですね^^;
イチジクは硬いほうがうまくできるみたいです。

☆ j-taroさん、niceありがとうございます。

☆ yakkoさん、ドライいちじくは作ったことがあるのですが、生でも何とか出来るものですね。

☆ SerowGOGOさん、niceありがとうございます。

☆ たくやさん、でんでん虫大嫌いです(笑)

☆ taka4さん、イチジクを上に載せたほうが特に美味しく出来ました。
ザクロもカラダにいいと聞きますがどうもアノ外観が苦手です^^;

☆ hideさん、niceありがとうございます。

☆ ぜふさん、niceありがとうございます。

☆ タンポポちゃんさん、niceありがとうございます。

☆ hiroさん、niceありがとうございます。

☆ SilverMac さん、加能岩の桃も山梨県で買うと安いのですが、京都では高くてなかなか買えません^^;

☆ さる1号さん、私も庭になってるものという感覚、しかもあの思い出からお金を出して買ったことはなかったです(笑)

☆ bonitaさん、niceありがとうございます。

☆ harukichiさん、特に被害にあったわけではないんですが、怖い思いでってあとに残りますね^^;ケーキはおいしかったので、ちょっとイチジクのイメージアップです(笑)

☆ いぬのきもちさん、niceありがとうございます。

☆ テリーさん、まだまだトラウマ克服には至りませんが、まずはドライイチジクからトライしてみます(笑)

☆ ごろすけさん、niceありがとうございます。

☆ ローキンさん、暑い時期は冷えたフルーツが美味しいですね。

☆ うえいぱうわさん、子供の頃は庭から勝手に取って食べてた人が多いみたいですね。お金を出して勝手までは食べないですね(笑)
by barbie (2013-08-31 22:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。



ジオターゲティング